おうちで作ろう!植物性ミルクレシピ

まとめ

 

牛乳に変わって人気を集めている「植物性ミルク」

 

オーツ、アーモンド、ライスミルクにココナッツミルクなど、スーパーだけでなく、コンビニでも見かけることが多くなりましたよね。

 

植物性ミルクは、乳糖が消化できない乳糖不耐症や牛乳アレルギーをもつ方、ヴィーガンの方も安心して飲めるミルクです。

 

今回は、さまざまな植物性ミルクのレシピをご紹介します✨

 

調理に必要な道具はこちらです。

・ミキサー / ボウル / ザル / 計量カップ

・こし袋(ガーゼでもOK)

・保存瓶(ピッチャーでもOK)

 

ぜひ参考にしてくださいね✨

 

 

1 カップのミルクのが環境へ及ぼす負荷

 

植物性ミルクは牛乳と比べ、環境への負荷が少ないと言われています。

(データ参照)

 

《 牛乳 》

・土地 1.8 m2

・水の使用量 125 L

・温室効果ガス 0.6 kg

 

《 植物性ミルク(豆乳)》

・土地 0.12 m2

・水の使用量 54L

・温室効果ガス 0.2 kg

 

 

自家製豆乳の作り方

 

《 材料 》

1.5Lくらいの量が出来上がります。

・大豆 500g

・水 1.8L程

 

 

《 作り方 》

① 大豆を流水で洗い、水(分量外)に浸し、

  16時間前後浸ける。

 (夏場は10時間くらいが目安)

 

② ざるで大豆の水を切り、ミキサーに大豆と

  半分の水 (0.9L) を入れ、2分くらいかけて

  撹拌。

 

③ 大豆と残りの水 (0.9L) を鍋でまぜ合わせ、

  火にかける。

  最初は中火~強火で沸騰したら弱火で10分。

※焦げやすいので、つきっきりでかき混ぜる。

 

④ ザルやこし袋などで濾す。

 (ザルに残った搾りかすがおからです)

 

⑤ 保存瓶に移してできあがり。

 (日持ちは冷蔵庫で2〜3日が目安)

 

少ない材料で、簡単&手軽に自家製豆乳が作れます。

 

そのままはもちろん、料理やお菓子作りにも◎

 

詳細はこちらをご参照ください。

【簡単にできる】大豆と水だけ自家製豆乳を作ろう! | ソライロノヲト (soraironote.com)

 

 

自家製アーモンドミルクの作り方

 

《 材料 》

500mlくらいの量が出来上がります。

・アーモンド 250g

・水 600ml

 

 

《 作り方 》

① アーモンドを水(分量外)に浸し、12時間

 ほど浸ける。

 

② ザルに①をあけ、アーモンドをよく洗う。

 

③ ミキサーに②と水600mlを入れ、なめらかに

 なるまで攪拌する。

 

④ ボウルにこし袋をセットし、ミキサーの中身

  を注ぎ水分とカスを分ける。

 

⑤ こし袋を手で絞り、水分を出す。

 

⑥ 保存瓶に移してできあがり。

 (日持ちは冷蔵庫で2〜3日が目安)

 

アーモンドミルクはクセがなく、ドリンクだけでなくお菓子などに入れるのも◎

 

詳細はこちらをご参照ください。

「第3のミルク」と話題の「アーモンドミルク」を自宅で作る | TABI LABO (tabi-labo.com)

 

 

自家製オーツミルクの作り方

 

《 材料 》

700mlくらいの量が出来上がります。

・オートミール 180g

・水 900ml

 

 

《 作り方 》 

① オートミールを水に浸し、冷蔵庫で4時間ほど

  浸ける。

 

② ザルに①をあけ浸した水をきり、軽く

  すすぐ。

 

③ ミキサーにオートミールと冷水450mlを入れ、

  45〜60秒ほど攪拌する。

 (ミキサーによって攪拌時間は調節)

 

④ ボウルにこし袋をセットし、ミキサーの中身

  を注ぎながら水分とカスを分ける。

 

⑤ こし袋をやさしく絞り、カスの水分を出す。

 ※このときギュッと絞ってしまうとオートミー

  ルから粘り気が出て、仕上がりがドロドロ

  してしまうため注意。

 ※ 時間をかけてゆっくり水分を落とすことが

  ポイント。

 

⑥ 保存瓶に移してできあがり。

(日持ちは冷蔵庫で2〜3日が目安)

 

オーツミルクの独特な香ばしさにココアと合わせるのが絶品!

 

詳細はこちらをご参照ください。

Simple Happy Kitchen 🌱(@simple_happy_kitchen) • Instagram写真と動画 (tabi-labo.com)

 

 

自家製ココナッツミルクの作り方

 

《 材料 》

800mlくらいの量が出来上がります。

ベースはココナッツ1に対して、冷水が4。

今回は飲みやすさ重視のあっさりレシピです。

 

・ココナッツファイン 200g

・水 900ml

 

 

《 作り方 》 

① ミキサーにココナッツファインと冷水450mlを

  入れ、30〜60秒攪拌する。

 (ミキサーによって攪拌時間は調節)

 

② ボウルにこし袋をセットし、ミキサーの中身

  を注ぎながら水分とカスを分ける。

 

③ こし袋をやさしく絞り、カスの水分を切る。

 

④ 保存瓶に移してできあがり。

(日持ちは冷蔵庫で2〜3日が目安)

 

ココナッツミルク・あんこ・バナナを合わせたぜんざいなどおすすめ!

 

詳細はこちらをご参照ください。

【簡単にできる】大豆と水だけ自家製豆乳を作ろう! | ソライロノヲト (tabi-labo.com)

 

 

自家製ライスミルクの作り方

 

《 材料 》

1Lくらいの量が出来上がります。

・残りものごはん 300g

・水 1,200ml

 

※「ごはん:お水=1:4〜5」くらいが理想。

少しとろみを残すならば、ごはんの量に対して水を4倍に。

 

 

《 作り方 》 

① ミキサーに残りものごはんと冷水600mlを

  入れ、30〜60秒ほど攪拌する。

(ミキサーによって攪拌時間は調節)

 

② ボウルにこし袋をセットし、ミキサーの中身

  を注ぎながら水分とカスを分ける。

 

③ こし袋をやさしく絞り、カスの水分を出す。

(強く絞りすぎてしまうとお米の粘り気が出て

 しまうため、時間をかけてゆっくりと)

 

④ 保存瓶に移してできあがり。

(日持ちがしないため、作った日に飲みきる

 ようしてください)

 

ご飯のお供でも人気なユカリ!

塩気と相性抜群✨  

 

詳細はこちらをご参照ください。

調理時間5分!炊飯器に残ったご飯で、自家製「ライスミルク」 | TABI LABO (tabi-labo.com)

 

 

自家製ピーミルクの作り方

 

《 材料 》

700mlくらいの量が出来上がります。

・青えんどう豆 200g

・水 800ml

 

 

《 作り方 》 

① えんどう豆を水(分量外)に浸し、冷蔵庫で

  一晩(8時間ほど)浸ける。

 

② ザルに①をあけ浸した水をきり、軽く

  すすぐ。

 

③ ミキサーに②と冷水400gを入れ、45〜60秒

  ほど攪拌する。

(ミキサーによって攪拌時間は調節)

 

④ ボウルにこし袋をセットし、ミキサーの中身

  を注ぎながら水分とカスを分ける。

 

⑤ こし袋をやさしく絞り、カスの水分を出す。

 

⑥ 保存瓶に移してできあがり。

(日持ちは冷蔵庫で2〜3日が目安)

 

温めると豆乳に似た印象。

少し塩を足して台湾の朝食でおなじみ鹹豆漿(しょっぱい豆乳)のような味わいを再現できます。

 

詳細はこちらをご参照ください。

植物性ミルク界の新星「ピーミルク」を作ってみよう! | TABI LABO (tabi-labo.com)