サステナブルなビーチウェア

まとめ

 

ビーチの季節も近づいてきています🌞

 

ビーチウェアでは、防水と耐久性のあるナイロンやポリエステル素材でつくられていることが主流です。

 

しかし、これらの化石燃料由来プラスチックは、分解されて土に還るのに数百年という膨大な時間を必要とし、洗濯する度にマイクロプラスチックが下水に放出されます。

 

私たちのファッションによって海のプラスチック汚染に加担してしまうのは避けたいもの。

 

今回は、私たちにも環境にも優しい植物由来やリサイクル素材を使用したサステナブルな水着をご紹介します✨

 

 

1.  Vitamin A

 

カリフォルニア育ちのモードでエシカルなスイムウェアブランド。

 

アイテムに使用される98%以上の素材が、エコテックス認証を取得した植物由来の繊維や、自社で開発した新素材「エコラックス」のリサイクル素材を使用。

 

他にもオーガニックコットンやオーガニックヘンプ、リネン、シルク、テンセルなど環境に配慮した素材を使用しています。

 

Vitamin A(@vitaminaswim) • Instagram写真と動画

※ Amazon / 楽天市場 / BUYMAで購入できます。

 

 

2.  prAna

 

カリフォルニア州カールスバッドを拠点に置くサステナブルブランド。

 

ナイロンと同じクオリティを持ち、海の廃棄物から再生されたサステナブル素材エコニールを使用。

 

スイムウェアでの使用はもちろん、吸水性、速乾性、ストレッチ性に優れ、ヨガなどのアクティブウェアにも最適です。

 

詳細はこちら✨

カリフォルニアで生まれ育ったサスティナブルブランド『prAna(プラナ)』海の廃棄物から再生されたリサイクルナイロン繊維|株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンのプレスリリース (prtimes.jp)

 

prAna Japan(@prana_jp) • Instagram写真と動画

※ prAna公式HP  / Amazon / 楽天市場 / ZOZOTOWNで購入できます。

 

 

 

3.  Patagonia

 

無地とプリント生地部分には、リサイクルポリエステルを83%使用。

 

製造された1枚1枚に対して、それを作った人たちに直接賞与を支払うフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

 

この認証は提携する工場が安全かつ健全な労働条件に関するフェアトレードUSAの基準を遵守していることを意味します。

 

ウィメンズ・ナノグリップ・トップ | パタゴニア公式サイト | W's Nanogrip Top (patagonia.jp)

※ パタゴニア公式HPで購入できます。

 

 

4.  SEEA(シーア)

 

海を愛する女性のため、そして地球環境のためのカリフォルニアで生まれた水着ブランド。

 

エコニールやリプリーブなどのリサイクル生地から作られています。

 

SEEAのウェットスーツは合成ゴムを使用しないユーレックスとリサイクルポリエステルを使用。

 

接着剤には物質を溶かす性質を持つ化合物を使用しない無溶剤の水性ラミネーション接着剤を採用。

 

ブルーサイン認証を受けたサステナブルな染めを実現しています。

 

Seea|沖縄サーフィンショップ「YES SURF」 (yessurfokinawa.com)

※ 沖縄サーフィンショップ「YES SURF」公式HP / 楽天市場 / BUYMAで購入できます。

 

 

5.  eitswim

 

マリンスポーツを快適にたのしめる機能性と、街なかでも違和感なく着られるデザイン性を兼ね備えたメイドインジャパンのスイムウエアブランド。

 

地球のことを考え、フィッシングネットなどをリサイクルして作られたエコ繊維、 ECONYL®を使用した生地の導入をしており、ソフトで伸縮性たっぷりな生地が特徴的✨

 

また、再生可能エネルギーを使い、リサイクル水を使用。

 

排気量を減らし、ゴミをリサイクルするなど生地の生産過程でも環境に配慮しています。

 

地域のビーチクリーン活動などの取り組みも行っています。

 

@eit_swim • Instagram写真と動画

※ eitswim公式HPで購入できます。

 

 

(参照)

スイムウェアが環境汚染の一因に? サステナブルな水着選びの7原則。 | Vogue Japan

サスティナブルな水着って?環境に優しい5つの選び方 | (endlesssummerlife.com)